2021.06.23

2021.6.23

モディ首相の涙でコロナ死は防げない、必要なのは酸素だ。 TV会見を通じて、コロナで亡くなった人を悼み、モディ首相は感涙にむせび泣いて見せた。ボリウッドスターも顔負けだ。しかし、そんなことで亡くなった方の遺族の無念が晴れるわけではないと、インド人民党前党首ラフル・ガンディーは噛みついた。 Hindu, the Evening Wrap 22 June 2021 モディの頭にあるのはベンガル州の選挙であり、次に予定されている選挙でいかに勝つかだけだ。国民にアピールするためには泣いて見せるし、怒っても見せる。ただそれだけで、心から国民の命の大事さを考えているわけではない。うわべだけだ。 インド地元紙によれば、コロナ罹患者や死者数は公表数字の5倍はあるという。実態の分からない厄介な災いをいかにインドは乗り越えていくのか、一般市民の苦境は続く。 なんかデジャビュな感じがしないでもない、どこかの国でおこっているような。 政治家なんちゅうモノは、なんて言っているうちが華、でしょか。
一覧に戻る

contact お問い合わせはこちら